カードローン審査の申し込みで嘘をついてはいけない理由

カードローンの契約の手続きを進める場合、借金をする用途を聞かれることがあるでしょう。その他にも職業や年収など、審査のために必要なことについていろいろと答えなければならない項目があるはずです。

審査で嘘をついてしまうと不利になってしまうこともあるので、質問には正直に答えて手続きを進めてください。カードローン審査の申し込みで嘘をついても良いかについてですが、答えはノーです。そもそも一般社会の常識を考えられる人なら、借金の契約で嘘をついてはダメだと理解できるでしょう。

カードローンの審査で嘘をついてはいけない

私もカードローンの契約をしたとき、1つ1つの項目に正直に答えるようにしてましたね。何故嘘をつくことがノーかというと、嘘の申告が判明すると個人の信用に関わるからです。カード会社などの貸出機関から信用がなくなれば、審査を通過できなくなるでしょう。

悪質な虚偽申告をした場合、詐欺未遂罪に問われる可能性もあります。私も社会的信用を失ってしまうことが怖いので、正直に答えるように心がけています。具体的にはどのような嘘をつくことがダメなのか、ある金融情報メディアでアドバイザーがまとめているデータを参考に以下にまとめます。

まず契約を結ぶ場合、年齢について確認が必要になるはずです。年齢を偽って申し込みを行おうとする人もいるかもしれないけど、身分証明書が必要になるため嘘をついてもバレるでしょう。

審査落ちするのはもちろんで、最悪の場合他人の情報を利用したとして法律的に問題になるかもしれません。契約は自分の年齢や氏名が確認できる身分証明書を用意しましょう。

勤務先も正確に伝える

勤務先に関する情報の嘘もいけませんよ。そもそもカードローンに関しては、一定の収入があり返済能力があることが審査されるはずです。働いていない人でも返済能力があると判断されれば、契約できることもあります。だけど仕事をしているとわかった方が、カード会社が感じるイメージも良くなるかもしれません。

焦りから嘘をついて、架空の会社を記載する人もいるかもしれません。でも架空の会社を記載しても、調査の結果すぐにバレてしまうのがオチですね。カードローンでは在籍確認が行われるから、勤務先に確認の電話が入るはずです。アルバイトやパートタイムの場合、勤務先の電話番号があれば問題ないでしょう。

年収で嘘をつくこともマイナスなのでおすすめできません。カード会社との契約の手続きでは、所得証明書の提出が求められる場合もあります。収入があまり多くない人が多額の借金をしても、確実な返済ができない可能性があるでしょう。

ちなみに私は希望額を少額にして手続きを進めたので、所得証明書の提示は不要でした。多額の借金の必要性がある人は、正確な情報が記載されているものを用意してください。

利用目的もはっきりさせよう

利用目的で嘘をつくことも、カード会社とのトラブルの原因になるかもしれませんね。カードローンには複数の種類があるので、それぞれ用途に合った利用ができるかをよく考えてください。

たとえばフリーローンは名前の通り用途が原則自由なので、理由を正直に答えても良いでしょう。旅費交際費や新しく買いたいものがある、などの理由で問題ないはずです。中にはマイカーローンや住宅ローンなど、用途が限定されているものもあるので注意が必要です。

お金がないとき、どうしようか悩む

またギャンブルのために手続きを行っても、返済能力がないと判断されて審査が通らない可能性もあります。もしギャンブル目的であることがカード会社に伝われば、法的手続きが行われるかもしれません。

面倒な事態になるのが嫌であれば、最初から嘘をつかずに正直な内容で手続きを進めることをおすすめします。ちなみに単なる申告漏れやミスの場合、電話確認などで済むこともありますよ。