靴のクリーニングを依頼した業者が大失態をみせました

2週間前に前に買っていた靴を下ろして履こうとまずその準備として、靴クリーニングをしてもらえる業者に依頼をしました。

納期が2週間で10月17日が受け取りでした。靴のクリーニングってそんなに納期がかかるのかと思って初めてだったのでそんなものかと構えていました。古くなった靴もそろそろ靴の底が破れてきていてそろそろお役目ごめんとなりそうでした。

いよいよ靴を受け取る当日この靴ともお別れとばかりにクリーニングに出していた靴を引き取りに行きました。すると靴がなんとクリーニング工場からまだ戻っていないと言われ、クリーニング店まで歩いて取りに行ったのが無駄になりました。

そこで店員に間違いなく17日ですよね?と聞くとやはり17日で間違いなく単にそこのクリーニング店の工場が仕事がはかどっていないミスが起こりました。私も店員に怒っても仕方が無いのでその場はわかったと言って帰り、連絡をもらう様にしていました。

遅れるなら連絡くらい欲しいですよね

翌日の朝10時半になっても一向に連絡も来なかったので私も苛立ちが最高潮となり、そのクリーニング店の本社の偉い人を電話口に呼びつけて文句をひとしきり言いました。

せめて納期に間に合わないのであれば連絡をするくらい出来たのではないのかと言って相手はすみませんばかり連呼です。

しかし私もここまで言ったので流石に又靴をお店に取りに行きたくなくなって靴を家の宅配ロッカーまで持って来てもらう様にさせました。そのくらいはしてもらっても罰は当たらないと思い依頼して何とか昨日届きました。

流石にこう言った会社の体質は、流石にお客さんを失う体質であり納期に間に合わない仕事は明らかに客商売ではありません。

金融業者もこう言った納期を守らない会社は危ないから信用などの部分でもマイナスとしている事からも私自身もこちらの会社には二度と依頼をしないだろうと思っています。お客さんの信頼で成り立つ商売は特に裏切り行為は信用問題だと感じました。