カードローン審査の申し込みで嘘をついてはいけない理由

カードローンの契約の手続きを進める場合、借金をする用途を聞かれることがあるでしょう。その他にも職業や年収など、審査のために必要なことについていろいろと答えなければならない項目があるはずです。

審査で嘘をついてしまうと不利になってしまうこともあるので、質問には正直に答えて手続きを進めてください。カードローン審査の申し込みで嘘をついても良いかについてですが、答えはノーです。そもそも一般社会の常識を考えられる人なら、借金の契約で嘘をついてはダメだと理解できるでしょう。

カードローンの審査で嘘をついてはいけない

私もカードローンの契約をしたとき、1つ1つの項目に正直に答えるようにしてましたね。何故嘘をつくことがノーかというと、嘘の申告が判明すると個人の信用に関わるからです。カード会社などの貸出機関から信用がなくなれば、審査を通過できなくなるでしょう。

悪質な虚偽申告をした場合、詐欺未遂罪に問われる可能性もあります。私も社会的信用を失ってしまうことが怖いので、正直に答えるように心がけています。具体的にはどのような嘘をつくことがダメなのか、ある金融情報メディアでアドバイザーがまとめているデータを参考に以下にまとめます。

まず契約を結ぶ場合、年齢について確認が必要になるはずです。年齢を偽って申し込みを行おうとする人もいるかもしれないけど、身分証明書が必要になるため嘘をついてもバレるでしょう。

審査落ちするのはもちろんで、最悪の場合他人の情報を利用したとして法律的に問題になるかもしれません。契約は自分の年齢や氏名が確認できる身分証明書を用意しましょう。

勤務先も正確に伝える

勤務先に関する情報の嘘もいけませんよ。そもそもカードローンに関しては、一定の収入があり返済能力があることが審査されるはずです。働いていない人でも返済能力があると判断されれば、契約できることもあります。だけど仕事をしているとわかった方が、カード会社が感じるイメージも良くなるかもしれません。

焦りから嘘をついて、架空の会社を記載する人もいるかもしれません。でも架空の会社を記載しても、調査の結果すぐにバレてしまうのがオチですね。カードローンでは在籍確認が行われるから、勤務先に確認の電話が入るはずです。アルバイトやパートタイムの場合、勤務先の電話番号があれば問題ないでしょう。

年収で嘘をつくこともマイナスなのでおすすめできません。カード会社との契約の手続きでは、所得証明書の提出が求められる場合もあります。収入があまり多くない人が多額の借金をしても、確実な返済ができない可能性があるでしょう。

ちなみに私は希望額を少額にして手続きを進めたので、所得証明書の提示は不要でした。多額の借金の必要性がある人は、正確な情報が記載されているものを用意してください。

利用目的もはっきりさせよう

利用目的で嘘をつくことも、カード会社とのトラブルの原因になるかもしれませんね。カードローンには複数の種類があるので、それぞれ用途に合った利用ができるかをよく考えてください。

たとえばフリーローンは名前の通り用途が原則自由なので、理由を正直に答えても良いでしょう。旅費交際費や新しく買いたいものがある、などの理由で問題ないはずです。中にはマイカーローンや住宅ローンなど、用途が限定されているものもあるので注意が必要です。

お金がないとき、どうしようか悩む

またギャンブルのために手続きを行っても、返済能力がないと判断されて審査が通らない可能性もあります。もしギャンブル目的であることがカード会社に伝われば、法的手続きが行われるかもしれません。

面倒な事態になるのが嫌であれば、最初から嘘をつかずに正直な内容で手続きを進めることをおすすめします。ちなみに単なる申告漏れやミスの場合、電話確認などで済むこともありますよ。

何がいけないのか自分でも考えてみたものの答えがみつかりません

自宅最寄駅で電車を待っていた時、ホームが狭くなっているところだったので、通行の妨げになってはいけないと思い、並んではいるものの邪魔にならないようなところで待っていました。

すると割り込んできた人がいました。通行の邪魔にならない場所で待っているだけなのに、割り込まれる。これは何度も経験しています。

結果的に通行の邪魔になってしまって、電車が接近をしているにも関わらず、ホームと線路のギリギリのところを歩く人が多くなってしまいます。

邪魔になるから通行できるようにあけているのに、そこに割り込まれてしまう。どうすればいいのか、考えてみたのですがその答えが見つかりません。

こういうことが頻繁に起きています。電車だけではなく、券売機でも邪魔になるから、ということで人1人が通れるくらいのスペースを空けて並んでいると、そこに割り込んでくる人がいます。

私自身が割り込まれやすい人なのだろうか

割り込まれても、ハッキリと「並んでいます」と言えません。何故なら逆ギレをする人が多いからです。強めの口調で言っているわけではありませんが、逆ギレされて怖い目に遭うことも想定されます。

もちろんすべての人が逆ギレをするわけではありませんが、逆ギレされて怪我でもさせられたら、と考えると怖いのです。リスクを避けるためには注意をすることができない、ということになってしまいます。

ちょっと気を付ければ並んでいる、ということが分かりそうなものですが、1人分空いているから並んでいないと勘違いされてしまうようです。

以前、割り込まれないようにと思ってスペースを空けずに並んでいたところ、わざわざ「すみません」と言って通り道を作るように促されたことがありました。

雰囲気的に何を言っても大丈夫そうな人、と思われているのでしょうか。割り込んでも文句を言うタイプではなさそうだから、割り込んじゃえ、とでも思われているのかな、と考えたら悲しい気持ちになりました。どうするのがベストなのか、日々考えてしまいます。

グルメや旅行を通じて深まりゆく秋を思う存分楽しんだ時のこと

10月に入ると昼が短くなり、夕方になると肌寒くなるので、秋の深まりを強く実感するようになります。また間もなく訪れる冬を前にして、秋の魅力を思う存分に楽しみたくなるのもこの時期の特徴です。

特に「食欲の秋」という言葉にも象徴されるように、この時期には様々な美味しい食べ物が登場します。そのような美味しい食べ物をスーパーで見つけて購入してみたり、レストランで季節限定のメニューを味わうのが、味覚を通じて秋を満喫するコツです。

サツマイモが美味しいのもこの季節の特徴であり、八百屋の店先で売られている焼き芋を買って、近くの公園で食べることもしばしばです。そして栗が出回るこの時期には、栗ご飯を作って家族で味わうことも多いです。

昨日は今年の秋になって初めて栗ご飯を作りましたが、いつもよりも美味しく出来上がったのでとても満足しました。またケーキ屋の店頭でも秋限定の栗を使ったスイーツを売っていたので、今度通りかかったときに買ってみたいと思います。

秋を感じる旅行も楽しい

秋の深まりとともに休日になると、紅葉が美しい場所に出かけたいと考えるようになります。温泉地に宿泊してのんびりと休日を過ごす方法もありますが、手軽に出かけることができる日帰り旅行も魅力的です。

首都圏郊外の観光地の中でも、特に神社仏閣などの歴史的建造物が多い場所を訪れるのが、最も理想的な日帰り旅行のスタイルです。家族や友人と出かける方法もありますが、自由にスケジュールを決められる一人旅を選ぶことが多いです。

先日は日帰りで鎌倉と江ノ島を訪れましたが、色づき始めた紅葉や夕日にキラキラと輝く海もとても美しかったです。美しい景色を目で見て楽しむのが一般的な秋の過ごし方ですが、耳を澄ましてみるとあちこちで秋を感じ取ることができます。

特にコオロギや鈴虫などの鳴き声を聞いたときに、秋の静けさを実感します。しかし10月も終わりに近づくと虫たちの声も小さくなり、もうそこまで冬がやって来ていることに気づきます。

これでお金がもらえるならば我慢するしかないのでしょうか…

私はこの秋、転職をしました。採用人数も2名と聞いていたのでそれなりに忙しいと思っていたのですが、蓋を開けてみたらとても時間に余裕があります。ストレートな言い方をすると暇です。

まだ入ったばかりでやれる仕事が限られているというのもあるのですが、定時の8時間のうち実際にやる事がある時間がトータルしても1時間くらいしかありません。

正直言うと給料は前職より上がりました。通勤時間も10分ほどですが縮まりました。なので悪い事ばかりではないのですが、今のところとにかく暇なのです。

それまでの職場は定時が7時間半でした。定時の時間が増えてやる事が減ったので、余計に時間が長く感じます。

おおっぴらにサボる訳にはいかないので一応は会社の本を読んだりはしていますが、専門用語ばかりで全く頭に入ってこないのです。今まで働いた事のある企業のうちで、ここまで緩い雰囲気なのも初めてですし色々と戸惑っていいます。

このまま暇な職場に馴染めるのだろうか

お金がない私は「あくまで仕事はお金を稼ぐため」と割り切っている部分があり、お金は最低限あればいいので残業は極力したくないスタンスなのでそういう意味では助かりますが、ここまでやる事がないと時間が長く感じてそれはそれで逆に疲れます。

お金がないから働く

やはり適度に集中したいのですが残念ながら今はそういう雰囲気ではありません。逆に言うと、仕事をマスターしても完全にマスターしたとしても先輩社員の様子を見ていると、暇でない日はあるのかな…という不安も少し覚えています。

まだ入ったばかりなので周りの人と余り話せず、慣れていけば多少は軽減されるのでしょうが。会社としては誰でも聞いた事のある有名企業だったので正直意外な面もあります。

前職は辞めたくて辞めた訳ではなく、辞めざるを得なかった状態だったため今でもたまに前の職場に戻りたいと思うことがあります。ただ戻れない事は重々承知しているので、自分なりに今の会社での楽しみを見つけて、充実した日々が過ごせたらいいなと心から思っています。

スカートを一枚捨てたときの快感が捨てる生活の始まり

最近物を捨てることが気持ちよくてだいぶ捨ててます。今まで大事にしてきたものもちゃんと見て使わないなら捨てる。キレイな物なら使いたい人がいれば譲る。

私が着た服は手入れが良いのかブランドが良いのか分からないけど欲しがる人が何人もいて。それでも一流ブランドの物はほいほい譲ってしまうとそれはそれでもったいないからフリマアプリを使って売り上げに貢献してもらってますよ。

一流ブランドものって中古でも高値で売れやすいですね。割と最近の物だと思ってもみなかったような高値で売れていくから出品したこちらがビックリしちゃいます。

そこそこのブランド服なら気前よく友人に譲っておきます。そうすると何かでお返しが来るんですよね。

別にお返しををもらいたいために服を譲っているんじゃなくて家の中をスッキリさせたい目的だけど、ちょっとでもお返しにと何かプレゼントされたり食事に誘われると嬉しい。

不要になった物を譲って喜ばれてこちらも幸せな気持ちになるなんて最高。なるべくあとに残らない物・・・やっぱり食べ物だと物をため込むことがないから嬉しいですよ。食事に誘われるのはもっと嬉しいけど。

昔は物を溜めこむ方でした

とにかく物が多い状態がストレスに感じてきて。なんでだろう・・・昔はそんな風に感じたことなくて、服や靴なんかがたくさん収納してあると安心感があった。

これだけあるから大丈夫!という安心感が好きだったのに最近はクローゼットを開けるとストレスに感じる。目の前にパンパンに詰まった服がバーンと出てくると圧迫感で扉を閉めてしまう・・・。

あるとき思い切ってスカートを一枚捨ててみた。2年ほどはいたスカートでまだまだはけそうな気がしたけど、色あせが目についてはいていく場所が限られると思ったから。

潔くゴミ袋へスカートを放り込んだとき何かが吹っ切れたようなすがすがしさを感じて。それからは不要な服はどんどん捨てる。靴も状態を見てダメなら捨てる。家の中も気分もスッキリです。

働きすぎには注意!休むときにはしっかりと休みましょう

こんにちは。皆さん仕事や勉強、家事や育児など毎日を忙しく過ごしていると思います。そんな目まぐるしい毎日のなかで、大切なことを忘れていませんか?

何かに夢中になっていると、つい自分や周りが見えなくなってしまいますよね。そういう時こそ大切なのが、休むということです。

特に日本人は働き者で真面目な人が多いので遊ぶことを先延ばしにしてしまう方もいらっしゃるかと思います。しかし、心身ともに健康を保つには、頑張るときは頑張る、休む時はしっかり休むというこの二つの切り替えができるということが大切なのです。

ちょっとした時間の休みを大切にする

そんな時間はない!遊んでいる暇はない!というくらい忙しい方もいらっしゃると思います。しかし、そんな方も生活習慣のなかで少しだけでも休む時間は作ることができるのです。

例えば仕事終わりのお風呂タイムです。湯船に浸かると、つい今日あった嫌なことなどを思い出して嫌になってしまいますよね。しかし是非そこを自分を褒める時間にしてみてほしいのです。

今日も一日支えてくれてありがとうという気持ちを込めながら足をマッサージしたり、たとえ上手くいかなかったとしてもここは頑張ったというところを褒めてみたりするということです。

他の人が自分を褒めてくれたとしても、表面のことや結果だけという場合が多いように思います。やはり、自分のことを一番知っているのは自分自身なのですから、頑張った結果だけでなく、そのプロセスを褒めてあげるとよいでしょう。

また、時間に余裕がある人は、趣味や特技を極めてみるのも良いでしょう。私は音楽が大好きで、お金と時間に余裕があるときはライブに行ってストレス発散をしています。

例えば、この仕事が終わったら楽しいことが待っていると思うとモチベーションも上がりますし、楽しみなことがあると頑張ることができるのでおすすめです。心に余裕をもって生活していくことで、仕事や勉強、プライベートも上手くいくことが多いのです。

靴のクリーニングを依頼した業者が大失態をみせました

2週間前に前に買っていた靴を下ろして履こうとまずその準備として、靴クリーニングをしてもらえる業者に依頼をしました。

納期が2週間で10月17日が受け取りでした。靴のクリーニングってそんなに納期がかかるのかと思って初めてだったのでそんなものかと構えていました。古くなった靴もそろそろ靴の底が破れてきていてそろそろお役目ごめんとなりそうでした。

いよいよ靴を受け取る当日この靴ともお別れとばかりにクリーニングに出していた靴を引き取りに行きました。すると靴がなんとクリーニング工場からまだ戻っていないと言われ、クリーニング店まで歩いて取りに行ったのが無駄になりました。

そこで店員に間違いなく17日ですよね?と聞くとやはり17日で間違いなく単にそこのクリーニング店の工場が仕事がはかどっていないミスが起こりました。私も店員に怒っても仕方が無いのでその場はわかったと言って帰り、連絡をもらう様にしていました。

遅れるなら連絡くらい欲しいですよね

翌日の朝10時半になっても一向に連絡も来なかったので私も苛立ちが最高潮となり、そのクリーニング店の本社の偉い人を電話口に呼びつけて文句をひとしきり言いました。

せめて納期に間に合わないのであれば連絡をするくらい出来たのではないのかと言って相手はすみませんばかり連呼です。

しかし私もここまで言ったので流石に又靴をお店に取りに行きたくなくなって靴を家の宅配ロッカーまで持って来てもらう様にさせました。そのくらいはしてもらっても罰は当たらないと思い依頼して何とか昨日届きました。

流石にこう言った会社の体質は、流石にお客さんを失う体質であり納期に間に合わない仕事は明らかに客商売ではありません。

金融業者もこう言った納期を守らない会社は危ないから信用などの部分でもマイナスとしている事からも私自身もこちらの会社には二度と依頼をしないだろうと思っています。お客さんの信頼で成り立つ商売は特に裏切り行為は信用問題だと感じました。

妻が里帰り出産をするので家族3人での最後の二泊三日の旅行

来月が2人目の赤ちゃんの出産の予定なので妻が里帰り出産をするため今月末には実家に帰ります。

そこで妻と息子と家族3人で過ごすのもあとわずかなので最後に旅行に行く計画を立てました。今回の7月豪雨の影響もあり、今回はふっこう周遊割を用いて二つの県をまたぐ二泊三日の旅行にしました。

まずは美観地区で観光

僕らは愛媛県なのでしまなみ海道を渡ってまずは岡山県に行きました。昼食を食べるためにアリオ倉敷の中にあるセルフうどん屋さんに行きました。

そのあとは隣にあるアウトレットパークでアディダスのショップに入りセール商品を買いました。そこから車ですぐの美観地区に行きました。そこではまず明太子チーズ棒天を食べました。かなり美味しかったです。

また、街の景色が良くそれをバックに写真を撮りました。息子も大はしゃぎで普段は抱っこマンなのですがこの日は自ら歩いてくれました。

夜ご飯は安定のジョイフルでドリンクバーとミックスグリルをよばれました。ホテルはビジネスホテルなのでかなり狭かったですが子供のおもちゃがあったのでよかったです。

家族みんなで楽しめました

2日目はおもちゃ王国に行きました。トミカやプラレールが無料で遊べるということで息子は大興奮でした。乗り物はまだ小さくて乗れなかったので入場料だけで楽しむことができました。地元にもこんなところがあったらいいなと思いました。

結局10時から14時まで利用させてもらってそこから広島市内へ移動しました。二時間半くらいかかってついてからホテルへチェックインしてすぐに予約していた居酒屋に行きました。

個室の居酒屋で雰囲気も良く日曜日と言うこともあり人が少なかったので料理も早く出てきて大変満足でした。夜の広島市内は若者で賑わっていました。最終日は宮島に行きシカとたわむれてきました。

その後にコストコに行きお目当てのロティサリーチキンをゲットして愛媛に帰ってきました。移動距離も長かったですけどやはり家族で出かける旅行はほんと楽しかったです。